reWASDでゲームパッドを簡易マクロ化して使用する手順

前回の連射コントローラー化に引き続き、今度はCombo機能を使って、コントローラーに簡易マクロを登録していみます。

あわせて読みたい
reWASDでゲームパッドを連射コントローラー化する手順 以前、Xboxエリートコントローラーの記事で登場した、reWASDというソフトを使用して、ゲームパッドを連コン化させます。 https://mostoad.com/erikon reWASDに対応して...

Combo機能を使うことにより、1ボタンで複数の動作を順番に動かすことができます。

例えば、下ボタン → 0.3秒待ち → Aボタン → 0.3秒待ち → Aボタンのようなことを1ボタンで行うことができます。実質、人間では行うことができないような高速な動作も実現できます。

エリートコントローラーの背面パドルが強いのも、この機能があるからと言えるでしょう。

目次

reWASD

以下のサイトで販売されているゲームパッドのマッピングツールです。

定価はフルセットで42ドルですが、定期的にセールをしており、10~16ドルくらいで買うことができます。

あわせて読みたい
Remap Xbox One controller with powerful gamepad mapper Need to map gamepad to keyboard? Want to unleash the power of Xbox Elite paddles or use PS controller on PC? Our powerful gamepad mapper will help!

簡易マクロを実装してみる

今回は、コマンドゲームの操作簡略化をしてみます。

ゲームパッドのキーを1つ押しただけで、カーソルを動かして、決定キーを入力する動作を作成します。

まず、キーを設定したいボタンを選択します。

今回は、エリートコントローラーの背面パドルで行います。

設定画面の一番下のKey Comboを選択しましょう。

設定画面が表示されます。

左上の赤い●ボタンを押せば、録画のようにキーを登録できるのですが、今回は手動で登録したいと思います。

十字キーでカーソルを下に移動する動作を登録します。

下図の赤い囲み部分のカーソル下を選択します。今回は、2回カーソルを下に移動させるので、2回押します。

下図のように、Down↓ Down↑を1セットに、2つ登録できたことを確認できます。

登録したコマンドは、ドラッグして移動させることができます。

同時押ししたい場合などは、↓ と ↑の間に違うキーを入れれば、実現することができます。

上記の図の設定では、下ボタンを2回押すわけですが、その間隔は10ミリ秒になります。

図の右上にある「Delay between keys」の値ですね。

あまり高速に押しすぎるとゲーム側が認識できないので、適切な値に修正しましょう。

次に決定キーを押す動作を登録します。XboxコントローラーではBボタンが決定キーなので、Bを登録します。

やり方は、十字キーと同じく、Bボタンのアイコンを押すだけです。

十字キーの押した後、少し待ってから、Bボタンを押すように修正します。

Delay between keysでは、等間隔で待ち時間を追加してくれますが、このキーを押す前にもう少し待ち時間がほしいなどあるかと思います。または、Delay between kesyは0にして、1つ1つ待ち時間を指定する場合もあるかと思います。

下図の停止ボタンのアイコンをクリックします。

押すと、一定時間停止のコマンドが追加されます。

これをBボタン↓の左側に持っていき、秒数を指定しましょう。(デフォルトは500msになってます)

これで、コマンドの登録が完了しました。

以下の図のようになったかと思います。

下カーソル → 10ms待ち → 下カーソル → 210ms待ち → Bボタン の動作がされます。

あとは、設定変更を反映させます。

左上のApplyボタンを押すことで設定を反映させます。

あとは、設定したボタンを押して、目的の動作が行われるか確認してみましょう。

登録したキーを削除したい場合は、コマンドの上で右クリックをして、Removeを選択することで削除することができます。

下図のボタンを押せば、一括で削除することもできます。

ゲーム以外での活用方法

今回は、ゲームでのコマンド簡略化として使いましたが、色々なことで使うことができます。

設定画面を見て気づかれてるかと思いますが、キーボードのキーも設定可能です。

例えば、Ctrl+Cでコピーするなど、ショートカットキーを多く使うプログラムの左手用デバイス(私は左利きなので右手用ですが)として使うなどもできます。

まとめ

今回は、簡易マクロの、Combo機能についてご紹介しました。

単純な操作を何度も行うゲームでは、これを使うことで非常に快適になります。

特定のキーを順番に一定間隔で押す必要があるゲーム、複雑なコマンド操作が必要なゲームなど、色々使用用途が思い浮かびそうですね。

目次
閉じる