【Excel】数式でよく見る$マークの意味は?絶対参照について解説

パソコンに詳しくないけど、仕事でExcelをよく使われてる方も多いかと思います。

Excelでよく聞かれる質問として、数式についている$って何?というものが多いです。

この記事では、この$の意味、使い方を解説していきたいと思います。

目次

・$マーク(絶対参照)とは?

セル参照の数式に$マークを入れることを絶対参照といいます。

セル参照の数式に$マークを入れることで、セル参照の位置を動かさずに、数式をコピーすることができます。

絶対参照なし 【2行目のスイカの行の消費税の参照がズレてしまっている】

絶対参照あり 【2行目のスイカの行の参照は動かない】絶対参照を使用した時の例

絶対参照の使い方

セル参照の動かしたくない部分の前に$を打ち込みます。

縦方向にコピーした時、数字が動いてほしくない場合は、数字の前に$マークをつけます。
例:=A1  → =A$1
横方向にコピーした時、アルファベットが動いてほしくない場合は、アルファベットの前に$マークをつけます。
例:=A1 → =$A1
縦方向、横方向どちらも動いてほしくない場合は、両方に$マークをつけます。
例:=A1 → =$A$1

簡単に$マークをつける方法

$マークは、キーボードで入力することでつけることができますが、

F4キーを押すことで

A1 → $A$1 → A$1 → $A1 → A1・・・

と切り替えることができます。

まとめ

コピーした際に、動かしたくないセル参照の文字・数字の前に、$マークをつけることで、その文字・数字を固定することができます。

$マークをつけるには、F4キーを押すことで、素早く行うことができます。

目次
閉じる