【Excel】ファイルにパスワードを設定して、閲覧・編集を制限する方法

Excelでは、ファイルにパスワードを設定することにより、一部の機能を制限させることができます。

この記事では、設定することができるパスワードの種類、設定方法を紹介します。

目次

Excelファイルに設定できるパスワードの種類

Excelファイルには、以下のパスワード設定があります。

・読み取りパスワード
・書き込みパスワード
・シートの保護
・ブックの保護
・VBA Projectの保護

次項から、効果と設定方法を解説していきます。

読み取りパスワード

読み取りパスワードを設定すると、ファイルを開く時に、パスワードを聞かれます。

パスワードがわからない場合、ファイルを開くことができません。

読み取り専用パスワード

 

読み取りパスワードの設定は以下の方法で行うことができます。

1.「ファイル」メニューから、「名前を付けて保存」の画面を開きます。

2.ウィンドウ下部の全般オプション(G)を選択します。

名前をつけて保存_全般オプション

3.読み取りパスワードの欄にパスワードを入力し、「OK」ボタンを押下します。

読み取りパスワード

4.再度、同じパスワードを入力します。

※パスワードを忘れた場合、ファイルが開けなくなるので、ご注意ください。

書き込みパスワード

書き込みパスワードを設定すると、ファイルを開く時に、パスワードを聞かれます。

パスワードがわからない場合でも、「読み取り専用(R)」ボタンを押下することで、読み取り専用で開くことはできます。

書き込みパスワード

書き込みパスワードの設定は以下の方法で行うことができます。

1.「ファイル」メニューから、「名前を付けて保存」の画面を開きます。

2.ウィンドウ下部の全般オプション(G)を選択します。

名前をつけて保存_全般オプション

3.書き込みパスワードの欄にパスワードを入力し、「OK」ボタンを押下します。

書き込みパスワード

4.確認のため、再度同じパスワードを入力します。

シートの保護

シートの保護を行うと、設定した動作を制限することができます。

以下の手順でシートの保護をすることができます。

1.校閲のタブから「シートの保護」を選択します。

2.シートの保護を解除するためのパスワード(P)の欄にパスワードを入力します。

3.シート保護時に許可する操作にチェックを入れます。

4.確認のため、再度同じパスワードを入力します。

ブックの保護

ブックの保護を行うと、非表示のシートの表示、シートの追加や削除、名前の変更を行うことができないようにすることができます。

以下の手順でブックの保護をすることができます。

1.校閲のタブから「ブックの保護」を選択します。

2.パスワード(省略可)の欄にパスワードを入力し、「OK」ボタンを押下します。

3.確認のため、再度同じパスワードを入力します。

VBA Projectの保護

VBA Projectの保護を行うと、Excelファイルに設定しているマクロを非表示にすることができます。

以下の手順でVBA Projectの保護をすることができます。

1.開発のタブから、Visual Basic を選択します。

※開発のタブがない場合は、ファイル > Excelのオプション(もしくはオプション)から表示設定を行う必要があります。Excel2010の場合は、リボンのユーザー設定から、設定することができます。開発タブの出し方(excel2010)2.ツール(T)から、VBA Projectのプロパティ(E)を選択します。

3.保護のタブを開き、「プロジェクトを表示用にロックする(V)」にチェックを入れます。

4.パスワード、パスワードの確認入力を行い、「OK」ボタンを押下します。

まとめ

Excelファイルでは、パスワードを設定することで、様々な制限をかけることができます。

パスワードを設定した場合、パスワードを忘れないように注意しましょう。

 

目次
閉じる