ファイナルファンタジーVII リメイク DEMO版プレイ感想

さて、ファイナルファンタジーVIIリメイクのDEMO版の配信されたので、プレイ感想を書きたいと思います。

筆者は、プレイステーション版FF7を1999年頃初プレイ。その後、何度かプレイをしなおしてます。

目次

プレイレポート

グラフィックは文句なしに綺麗になっていました。

ただし、私にはカメラが近く感じ、操作しづらかったです。

コンフィグで1~3段でカメラの距離を調整できるのですが、3に設定しても近く感じました。

あまりカメラが近いと、複数の敵を探すとき、カメラを回転させる量が増えてしまい、酔いの原因になるので、製品版はもう少し距離を延ばせるとありがたいと思いました。

バトルは、アクションとコマンドどちらも選べるようになっていました。

今回は、アクションでプレイを行いました。

FFXVやFF零式のような戦闘になっていますが、魔法やアイテムを使うにはATBゲージを貯める必要があったり、選択時は画面が止まってくれるようになっていました。

また、複数キャラがいるときは、切り替えながら戦う仕組みになっていました。

体験版終盤では、ガードスコーピオンとの闘いがあります。

私に知ってるガードスコーピオンとは違う戦いでした。

何も考えずに殴ってたので、かなり苦戦しました。

終わってから気づいたのですが、バレットがケアルとサンダーを覚えてて、それを使う戦闘だったんですね。

メニューから、マップを見ることができるのですが、画面上にミニマップを表示してほしいと思いました。

今回はゲーム序盤の体験版ということで、マテリアなどのシステムはありませんでした。

クラウドは、他作品でも多数出てるのでイメージどおりですが、バレットは思ったより面白いキャラでした。

携帯電話で配信されていた、ビフォアクライシスの旧アバランチの話がありましたが、他の派生作品の内容も盛り込まれるのが気になりますね。ジェネシスは出ない方がいいという人も多いかと思いますが・・・

あと、PHSがスマホになってました・・・。

まとめ

グラフィックは綺麗

バトルは楽しい

カメラは改善の余地あり

ミニマップがほしい

製品版でもストーリーはミッドガル脱出までなのが残念

ネットゲームのバージョンアップのように、数か月~半年毎でいいので、続きを作って行ってほしいですね。

 

目次
閉じる