ネックスピーカー AN-SS1-Bレビュー!使い心地は!?

今回は、普段使用しているネックスピーカー AN-SS1-Bについてのレビューです。

目次

ネックスピーカーとは?

ネックスピーカーとは、肩に乗せるタイプのスピーカーです。

通常のスピーカーであれば、固定位置にスピーカーを置くため、場所が動けば聞こえ方が変わります。

ネックスピーカーであれば、肩の位置から音が鳴るので、動いても聞こえ方は変わりません。

家事など移動しながらテレビや音楽を聴きたい方にはとても良いかと思います。

また、耳の聞こえが悪く、テレビの音量を大きくしがちな方も、

ネックスピーカーであれば近くにスピーカーがあるので聞き取りやすくなります。

なぜ、ネックスピーカーを使おうと思ったの?

私はネックスピーカーを自室のみで使用しています。

イスに座ってパソコンを操作しながら音楽やYoutubeを閲覧、たまにベッドに転がって閲覧という感じです。

元々私はイヤホンを使用していました。

家庭の関係上、スピーカーで大きな音を出せないため、イヤホンを使っていたのですが、

毎日長時間イヤホンの使用は耳によくないため、イヤホンを止めようと思っていました。

そこで出会ったのでネックスピーカーです。

イヤホンと違い、耳を防ぐことがないため、家族からの呼びかけも聞こえますし、

イヤホンと比べれば耳に対しても良いです。

どうして、AN-SS1-Bを選んだの?

ネックスピーカーは、色々なメーカーから出ており、値段の様々です。

5,000円~30,000円が相場です。

今回選んだAN-SS1-Bは10,000円くらいの価格でした。

私はこの3つでこの商品を選びました。

・値段
・重さ
・コーデック

値段

せっかくなら良いものを買おうと思ってはいたのですが、

ネックスピーカーという新しいものを買うのに、高額すぎるものは除外しました。

 

重さ

肩にかけて使うため、重さは重要です。

重すぎるとやはり肩こりの原因になりますし、気になってしまいますよね。

このネックスピーカーは88gとネックスピーカーの中ではとても軽いものになります。

コーデック

最後に、コーデックですが、これはBluetoothの通信方式と思って頂ければと思います。

これによって、通信に遅延があったり、音質に差があったりします。

以前、Bluetoothイヤホンを購入した際、これを意識していなかったことがあり、

結果、ゲームをプレイ時に音の遅延が気になる問題がありました。

このネックスピーカーは、Fast Streamという遅延を減らす対策がされています。

使ってみた感想

最初、1週間くらいは肩に今までなかったものをかけるということで違和感がありました。

88gと軽いネックスピーカーですが、気になります。

その時点で、300gとかのスピーカーにしなくて良かったなと思いました。

その後、使っていくと、慣れてきて肩にスピーカーを置いてることが気にならなくなりました。

食事のため、部屋を出ようとするとき、「あ、スピーカー外し忘れてた」ってなるくらいです。

音質については、普通のスピーカー程度です。

音楽をじっくり楽しみたいのであれば、やはり良いヘッドホンをオススメします。

Youtubeの動画見たり、作業用のBGMを聞くなど、音質を重視しなく長時間使う用途の方が向いているかと思います。

充電はカタログスペックでは2.5時間で14時間使えるようです。

私の場合は、5時間くらいしか連続使用しないので、途中で充電が切れたことはありません。

遅延については、全く気になりません。

ゲームでも使用していますが、音が遅れて聞こえることはありません。

まとめ

今回は、私が普段使用しているネックスピーカー「AN-SS1-B」の紹介でした。

ネックスピーカーを使う上で、重さは大事です。

もし、重めのネックスピーカーを検討されてる方は、お近くに体験できる電気屋などがあるのであれば、一度使ってみてから購入した方が良いと思います。

ネックスピーカーに限らず、Bluetooth製品全般に言えることですが、使用用途によっては遅延があるものは致命的になることがあります。よく調べて購入することをオススメします。

 

目次
閉じる