Oculus Quest 2レビュー PSVRと比較してどうか?

Facebook社から2020年10月13日に発売した、Oculus Quest2を購入したので、レビューしたいと思います。

私はPSVRを持っているので、こちらと比較していきたいと思います。

目次

Oculus Quest 2とは?

Oculus Quest 2は、スタンドアローン型のVR機器で、高性能なPCを持っていなくてもVRゲームを遊ぶことができる機器です。

価格は、64GBで37100円(税込)でVR機器では破格の価格です。

PCを持っていれば、PCVRとして使うことができるため、非常にコストパフォーマンスが高い製品になっています。

Oculus Quest 2は、公式以外にもヨドバシやAmazon、楽天でも買うことができます。

どのショップでも割引はなく、価格は同じですが、ポイントが多く入るので私は楽天で購入しました。

Oculus Quest 2はワイヤレスのため没入感がある

Oculus Quest 2は完全にワイヤレスのため、線に縛られないのが一番のメリットだと思います。

PSVRのゲームで、ケーブルに引っ張られたという経験をした人は多いのではないでしょうか?

完全ワイヤレスになったことにより、ケーブルに縛られず没入感があります。

PCVRを遊ぶ場合は、USBケーブルをPCに繋ぐ必要がありますが、Virtual Desktopというアプリ(有料)を使用することで、こちらも無線で遊ぶことができます。

Oculus Quest 2は外部センサーが不要のため、場所に困らない

PSVRでは、認識するためにカメラを設置する必要がありました。

そのため、遊べる場所は限られますし、使わない時に片づける人は、設置が面倒だったりしたのではないでしょうか。

Oculus Quest 2では、外部センサーは不要で、本体ついてるカメラで認識を行います。

部屋が真っ暗だと認識しませんが、明かりがあれば認識してくれるので、場所を問わずに遊ぶことができます。

PSVRと比べ、解像度が高い

Oculus Quest 2では、解像度 片目1832×1920とVR機器ではかなり高いです。

PSVRの解像度は、片目960×1080なので、この差は倍近くあります。

解像度が高いことにより、映像がとても綺麗に見えるようになります。

PCVRを遊ぶためのOculus Link機能がある

USBケーブルをPCに繋ぐことで、PCVRを遊ぶこともできます。

これにより、コンテンツ不足も緩和されます。

USBケーブルは、公式で販売されているものは1万円近くしますが、普通のUSB3.0ケーブルでも大丈夫なそうです。

また、非公式な方法ですが、Virtual Desktop(有料)のソフトを使うことで、無線でPCVRを遊ぶようにすることもできます。

唯一の欠点は、Facebookアカウントが必須なこと

誰もが言ってることなのですが、Facebookアカウント必須ということが唯一の欠点です。

Facebookとは、実名必須のSNSです。

ゲームを遊びたいだけなのに、実名登録が必須というのに抵抗がある方が多いそうです。

一応、Oculus Quest 2の設定で、個人情報を保護してくれるそうですが、できればSNSとは切り分けて使いたいですよね。

また、Facebookアカウントが、BANされる事例が多発しています。

FacebookアカウントがBANされるとOculus Quest 2も使えなくなるため、ちょっと怖いですね。

まとめ

今回は、Oculus Quest 2のレビューでした。

PSVRと比べ、かなり快適になっていて満足しています。

当然PSVRでしかないゲームは、PSVRを使うしかないのですが、それ以外については、Oculus Quest 2だけで十分かと思います。

私はUnreal Engineも触っているので、Oculus Quest 2で動くアプリを何か作ってみたいですね。

目次
閉じる