メモリ増設でUE4エディタのクラッシュを改善

UE4のエディタを使用していると、よく強制終了します。

ライティングビルドが終わるとエラーで落ちます。

高品質のテクスチャなどを開こうとすると、クラッシュします。

Google Chromeで再生していた動画が止まります。

と、色々な不便をしていたので、パソコンのメモリの増設を行いました。

目次

メモリ増設は意味あるのか?

筆者の環境は、メモリ16GBを使用していました。

ネットで調べると、メモリは16GBあれば十分と書かれているので、大丈夫と思っていたのですが、よくエディタがクラッシュします。

ネットで調べながら使うのですが、Google Chromeのメモリ使用量が多いこともあり、16GBでは足りないと判断しました。

ということで、メモリ増設を試みることにしました。

筆者のPCにはメモリスロットが4つあり、そのうち2つを使用して、8GB×2構成にしています。

今回、16GBのメモリを2つ買って、32GB増やし、計48GBに増設しました。

48GBあると、さすがに余裕があります。

今まで開けなかったSpring Landscapeのレベルも開けるようになりました。

(開く時に、メモリが24GBくらい使ってました。落ちるのも当然ですね)

Unreal Engine

ライティングビルド後にエディタが落ちる問題も解決しました。

まとめ

パソコンのメモリを増設したことにより、UE4のエディタのクラッシュをなくすことができました。

1年半前にPCを組み立てた時は、8GB×2のメモリが1万5000円ほどしたのですが、今回は16GB×2のメモリが1万3000円ほどと、メモリの価格はだいぶ安くなっていました。

もし、UE4のエディタが安定しない方は、メモリが足りているか確認してみてはいかがでしょうか?

目次
閉じる