【UE4】操作キャラクターをグレイマンから変更する

今回は、操作キャラクターをグレイマンから、VRoid Studioで作成したキャラに変更したいと思います。

Vroid Studioでのキャラ作成及び、コンテンツブラウザへの読み込みは、以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
【UE4】VRoid Studioで作成したキャラを配置する 今回は、VRoid Studioという3Dモデル作成ソフトで作成された3DモデルをUnreal Engine上に配置したいと思います。 VRoid Studioは、手軽にキャラクターを作成することが...
目次

VRoid Studioでキャラを作成して読み込む

VRM4Uのサイトには、Advanced Locomotion Systemを使用して、グレイマンを置き換える方法を紹介されていますが、今回は普通にグレイマンのモデルを差し替えたいと思います。

まずは、上記の記事を参考に、Vroid Studioでキャラクターを作成して、コンテンツブラウザに読み込みます。

今回は、目つきの悪い男キャラクターを作成しました。

服は、とりあえず初期設定にある制服姿です。

テクスチャ作る勉強しないといけないですね。

アニメーションの変換

次にグレイマンのモーションを変換します。

グレイマンのモーションは、Mannequin > Animations の中にあります。

この中から、ThirdPerson_AnimBPを右クリックして、Animブループリントとリターゲットを複製を選択します。

スケルトンの選択画面が出てきますので、取り込んだキャラクターのスケルトンを選択します。

スケルトンを選択したら、そのままリターゲットのボタンを押します。

アニメーション一式が出力されます。コンテンツ配下に出されるので、フォルダを作ってまとめましょう。

ThirdPersonCharactorのMeshを差し替える

次にThirdPersonCharactorのブループリントを開きます。

ThirdPersonBP > Blueprints の中に ThirdPersonCharactorという名前であります。

コンポーネントから、Meshを選択します。

メッシュの項目のSkeletal Meshの項目から、インポートしたものを選びます。

これだけでは、アニメーションが適用されていません。

アニメーションの項目から、Anim Classを先ほど変換したものを選びます。

たぶん、複数同じ名前のものがあると思うので、名前を変えた方がいいかもしれません・・・。

正しいものを選べば、ビューポートのキャラがグレイマンのポーズに変わります。

これで、グラフィックが差し替えられました。

モーションがめっちゃカッコ悪いですが、とりあえずモデルは挿し変わりました。

奥にいるユリナちゃんもグレイマンのポーズで可愛くないので、いいアニメーションに差し替えたいですね・・・。

まとめ

さようなら、グレイマン

君のことは忘れないよ!

目次
閉じる