Windows10 メモ帳が便利に!標準文字コードがUTF-8に!

皆さん、テキストエディタは何を使用していますか?

私は会社では、自由にソフトウェアをインストールが許可されていないこともあり、

Windows10標準で入っているメモ帳を使う機会が多々あります。

Windows10 2019年5月のアップデートから、メモ帳の機能が更新されました。

今回は、3つの変更点を紹介します。

目次

拡大縮小が簡単にできるように!

メモ帳を使ってきた人たちはご存じかと思いますが、実はメモ帳はCtrl++キー(もしくはマウスホイール)で拡大縮小ができませんでした。

Windows10  2019年5月のアップデート以降からは、それが可能になりました。

書式 > フォントから変更しなくても良くなるので、楽になりますね。

 

標準の文字コードがUTF-8に!

画像の右下を見てわかるとおり、UTF-8になりました。(変更前は、ANSI ≒シフトJIS)

メモ帳の文字コード画像

iPhoneなどとファイルをやり取りするとき、ANSIだと文字化けすることがあったのですが、

UTF-8になったことにより、その心配がなくなりました。

ただし、今までANSI形式でデータが読めるようにプログラムを作っていたりした場合は、逆に困る形になりました。

デフォルトの文字コードを設定できるメニューを用意してくれば助かるのですが・・・・。

そういう方はフィードバックを送りましょう!

フィードバックの送信が可能に!

ヘルプメニューから、フィードバックが送れるようになりました。

メモ帳は、Windows標準機能なので、すべてのPCで利用することができます。

自分のパソコンであれば、好みのテキストエディタを使えばいいのですが、出先で他人のPCなどを使用する場合、好みのテキストエディタが使用できないケースもあるかと思います。

フィードバックを送り、より使いやすいメモ帳になっていくとありがたいですね。

目次
閉じる