【UE4】Part18 Landscapeのマテリアルを見直す

今回から数回に渡りレベルのデザインを変更していきたいと思います。

Part7-8で作ったマテリアルでは、テクスチャ一色になり、ペイントで道などを描いていく必要がありました。

今回マテリアルを見直すことで、膨らんだところには、違うテクスチャが自動的にブレンドするようにしたいと思います。

目次

初めての方に

アンリアルエンジンの記事では、初心者がアンリアルエンジンの勉強をのんびりしていき、最終的にはゲームを完成させる目的で、記事をあげていっています。紹介する手法が必ずしも最適な方法とは限りませんので、ご了承ください。

また、ゲーム完成まで温かく見守っていただけると幸いです。

参考記事

あわせて読みたい
【UE4】Part4 Megascanの高品質素材をUE4で扱う 前回はフィールドを作成し、オブジェクトの配置を行いました。 カッコいい素材を配置するだけで、それなりの見た目になることがわかったのですが、センスがいりますね。...
あわせて読みたい
【UE4】Part7 Megascanのマテリアルを割り当てると見栄えが悪い問題 以前紹介した高品質素材を使って、地面のテクスチャを張り替えてみました。 https://mostoad.com/ue4-part4 【初めての方に】 アンリアルエンジンの記事では、初心者が...
あわせて読みたい
【UE4】Part8 地面がテカテカになる問題 Part7で地面のマテリアルが上手いこと張れるようになりました。 ランドスケープモードで少し地面を凸させてみると、地面が反射することが判明 今回は、反射を改善してき...
あわせて読みたい
【UE4】Part9 ランドスケープペイントで道を描いていく Part8で、ついに綺麗なフィールドの作成が完了したので、今回は道を描いていきたいと思います。 道は、ランドスケープのペイント機能を使用します。 【初めての方に】 ...

新しいマテリアルを作成する

コンテンツブラウザを右クリックして、マテリアルを作成します。

ブループリントに、地面のテクスチャと膨らんだ場所で使うテクスチャをドラッグして入れます。

今回は、Megascansから、以下の2つを用意してきました。

これを以下の図のように繋ぎます。(LandscapeCoordsってのは、「LandscapeLayerCoords」で検索したら出ます)

また、前回と同じく、LandscapeCoordsのスケーリングのマッピングを数字大きくしておきます。(今回は10にしました)

Lerpを追加します。「Linearlnterpolate」ってのを選びます。

以下のように繋ぎます。

次に、「WorldAligneBlend」を追加します。

Blend Sharpnessに値を-16、Blend Biasに8を入れます。ブレンド具合が変わるのですが、これはとりあえずこれに設定して、あとでお好みに調整しましょう。(値を入れるのは、右クリックして、Constantを追加でできます)

AlphaをLerpのAlphaに繋ぎます。

あと、Metallicとスペキュラに0を入れておきます。(Part8のテカテカする問題のやつですね)

これでマテリアルをLandscapeに適用してみると、こんな感じです。

Normalを設定してみる

ベースカラーやメタリック、スペキュラを設定している項目の中に、Normalというものがあります。

今回は、これも設定してみたいと思います。

設定する前は、こんな感じですが、

設定すると、以下のようになります。(よくわからない場合は、クリックして拡大してみてください)

まず、Normalをブループリントに取り込みます。

Megascansでダウンロードしたとき、何かよくわからないものがたくさんついてきたの覚えてるでしょうか?

右から2番目の~Normalってやつが、今回の該当ファイルです。

これを、先ほどと同じように、Lerpで繋ぎ、Normalに繋げます。

UVsも同じく、LandscapeCoordsに繋げます。

LerpのAlphaだけ、少し違うので、ご注意ください。

赤枠の方と繋げます。

こんな感じで完成です。

今回は行いませんが、ペイントを使う場合、さらにPart9で行った操作を追加していく必要があります。

まとめ

今回は、マテリアルの修正を行いました。

実は、山を作る記事を作る予定だったのですが、まずはこれが必要と判断して、記事を作成しました。

Megascansで良質な素材が使えるので、マテリアルを上手く使いこなしていきたいですね。

目次
閉じる